在留資格認定証明書(COE)

2022年7月28日

在留資格認定証明書(COE)とは

国際結婚をされ日本に相手を呼び寄せたい場合や日本で働きたい、留学したい場合などに『在留資格認定証明書( CERTIFICATE OF ELIGIBILTY =以下”COE” )』が必要になります。

日本に一時的に観光などで訪れる場合には必要ありません(ビザ非免除国の場合にはビザが必要)が、中長期滞在される場合には必要となりますので、原則日本に来る前に用意をしておく必要があります。

在留資格認定証明書(COE)の申請から来日までの流れ

①日本で在留資格認定証明書(COE)の申請

原則として代理人となる受入れ機関の所在地や親族の住所地を管轄する地方局又は支局その代理人となる受入れ機関の所在地や親族の住所を管轄する地方入国管理官署で申請します。

ポイント1
申請は、原則として受け入れをする日本側の配偶者や親族、企業、申請代理人(行政書士など)が行います

②交付後、本人の元へ送付

交付後、在留資格認定証明書(COE)を本人へ送付いたします。

③各国の日本大使館で手続き

在留資格認定証明書(COE)やパスポートなどを持って、在外公館(日本大使館)で手続きを行います。

ポイント2
在留資格認定証明書は所持しているだけでは入国できません。在外公館で在留資格認定証明書を提示して,必ずビザ(査証)の発給を受けてください。

④出国

ポイント3
在留資格認定証明書(COE)が交付された日から3か月以内に上陸申請をしないとその効力を失いますので、来日までのスケジュール調整が必要です。

⑤入国

入国審査をパスすると、中長期滞在者には在留カードが交付されます(当日交付されない空港などもございます)。

在留資格認定証明書(COE)交付申請のサポートをいたします。

当事務所では、在留資格認定証明書(COE)の申請代行を行なっております。申請取次者として手続きを行いますので、来日後の更新や変更時の手続きにも対応可能です。

申請取次制度
在留期間更新許可申請等の在留諸申請や在留カードの記載事項変更等の手続については,地方出入国在留管理局への本人出頭を原則としていますが,その例外として,法定代理人が申請を行うケースのほか,地方出入国在留管理局長が適当と認める者について,外国人本人の申請等の取次ぎを行うことを可能とする申請等取次制度を定めています。

▪️対応エリア
千葉県・その他近郊県(お問い合わせください)

▪️お問い合わせ方法
電話:043-356-3253 (9:00〜19:00[平日・土曜])
お問い合わせフォーム (24時間受付)